成田空港の公営駐車場と民間駐車場の違い 成田空港駐車場サンパーキング成田店

成田空港の公営駐車場と民間駐車場の違い

駐車場
成田空港へのアクセス方法としては、電車やバスのほかに車を使うという選択肢がありますね。車を利用して成田空港へ行く場合、車を駐車しなければなりません。その場合、駐車場を利用することになるのですが、成田空港の駐車場には、公営駐車場と民間駐車場の2種類があります。それぞれの特徴やメリット・デメリットを知っておくとよりお得に駐車場を利用することができます。今回は成田空港の公営駐車場と民間駐車場の違いをまとめていきます。

「公営駐車場」「民間駐車場」って何?

「公営駐車場」
公営駐車場は、空港が直接運営している駐車場です。成田空港であれば、成田空港が運営している駐車場のことを指します。
「民間駐車場」
民間駐車場は、空港以外の業者が運営している駐車場です。

「公営駐車場」のメリット・デメリット

公営駐車場のメリット・デメリットをまとめていきます。
メリット
・駐車場から空港まで近い
空港が運営していることもあり、駐車場が空港の敷地内に位置しています。そのため、駐車場からターミナルまでが近く移動が楽というメリットがあります。
・24時間利用可能
成田空港の公営駐車場は24時間出入庫が可能となっているので、早朝でも深夜でも自由に利用できます。
デメリット
・料金が高い
公営駐車場は民間駐車場に比べて料金が高いということが挙げられます。

「民間駐車場」のメリット・デメリット

民間駐車場のメリット・デメリットをまとめていきます。
メリット
・料金が安い
駐車をすることが目的であれば料金が安いのは大きなメリットですね。また、事前予約で割引サービスを受けることができる駐車場もあります。
・サービスがいい
民間駐車場はサービスがきめ細かく、快適に利用できます。例えば、民間駐車場は空港までの距離がありますが、駐車場から送迎サービスが無料で利用でき足り、防犯体制が整っているなど、安心して利用できます。
デメリット
・24時間利用できない
民間駐車場の多くは24時間利用できないので、早朝や深夜に利用したい人にとっては不便です。
・サービスに幅がある
きめ細かいサービスが特徴的と書きましたが、民間駐車場のサービスは三者三葉です。駐車場によっては、外れをつかまされることもあるので、事前の確認が必要です。

まとめ

「公営駐車場」と「民間駐車場」を比較してみました。利用する方によって、どちらが適しているかは異なりますが、これから利用する上でいい判断材料になりますね。成田空港の駐車場を利用するときには、この内容を思い出してください。