成田空港駐車場でのトラブル(手続きについて) 成田空港駐車場サンパーキング成田店

成田空港駐車場でのトラブル(手続きについて)

駐車場
成田空港に向かう際に、車を運転するという方は多いかと思います。その場合、車を駐車場に止める必要があるのですが、その際にトラブルに巻き込まれることが考えられます。トラブルに巻き込まれないようにすることはもちろん重要ですが、予期せぬトラブルというものは突然降りかかってきます。今回は成田空港の駐車場で起こりうるトラブルを紹介して、トラブルに見舞われた時の対処法をまとめていきます。

成田空港駐車場で生じるトラブル

成田空港の駐車場で生じるトラブルの中で最も多いのは、預けていた車に傷が付くといったものです。多くの駐車場では、完全固定駐車方式ではなく、受付で鍵と車を預けて一旦引渡すことになります。そして、帰りのタイミングに合わせて、車を受け取るといった流れになるのですが、その際に、スタッフが行った車の移動によって、車に傷が付くといったことがあります。成田空港の駐車場では、非常に多くの車が駐車場を利用しており、車同士がぶつかってしまうことが度々生じます。このようなトラブルが生じるということを頭に入れておかなければなりません。

車に傷をつけられた時の対応について

預けた車に傷が付いていた時、皆さんはどのような対処をするでしょうか。まずは、運営会社に問い合わせるといったことが考えられますが、この方法では、なかなか対処するのは難しくなります。車についていた傷が、元々あったものなのか、傷つけられたものなのか証明することが難しいからです。
こういったトラブルの対処法としては、まず駐車場の利用規約などを事前に確認しましょう。そこには、預けた車に関する免責規定などが載っていますので、どこまで運営会社が責任を負うのかが明確になります。
また、車を受け取ったらすぐに傷の確認をしておきましょう。後々傷に気づいて問い合わせても対応してくれない場合があります。帰り道で疲れているかもしれませんが、受け取った車のチェックは欠かさず行ってください。
そして、利用規約に乗っ取りながら、補償してもらえる範囲で、対応してもらいましょう。

こういったトラブルを避ける方法

このようなトラブルを回避するためには、スタッフが車を移動しない「完全固定駐車方式」の駐車場を選んだ方がいいでしょう。こういった駐車場の場合、自分で車を運転して、注射をするので、他人に車を傷つけられるといったこともなくなります。

まとめ

成田空港の駐車場では、このようなトラブルが生じる可能性があること頭に入れておかなければなりません。トラブルが起きてからあたふたするのではなく、トラブルの可能性を想定して、スムーズな対応ができるようになっておきましょう。


ページトップ